自転車の空気が抜けたらまず点検するところ~パンクの修理方法~

スポンサーリンク

パンクかな?って思ったら・・

 

久しぶりに自転車に乗ろうと思ったとき、

「あれっ?タイヤの空気がぬけてる!!」

なんて気づくことはありあんせんか??

 

しかも、あなたが自転車に乗ろうと思ったときは、だいたい忙しいとき・・・

「あー、とりあえず歩くよりは早いし、のっちゃお!」

 

なんて、焦ってそのまま乗るのはやめてくださいねっ。

 

 

空気が抜けたまま乗ってしまうと、チューブが正常な場合は、

乗って走ることで中で切れたりして、最悪チューブ交換になってしまう場合があるので・・・

 

 

 

では、原因は何なのか??

 

 

 

さて、そんな時まずパンクの原因で思いつくのが、

「タイヤに釘が刺さった」

など、走っているときに何か踏んで刺さったとかを想像しますよね。

なので、もしあなたが修理をしてみるとき、

 

「チューブを外して修理しよ!」

 

 

 

 

といきなりばらすのは、もうちょっと待ってください。

 

 

実は、パンクの点検にはいくつかポイントがあります。

 

通常、チューブには空気を入れる場所にバルブという場所があります。

※ノーパンタイヤなど特殊な場合を除く

 

 

 

 

そのバルブには、空気が抜けないようにする弁の役目をするバルブに、

小さいゴムチューブ(バルブの内側に入っているの逆流防止の部品)のチューブがついています。

 

この部品、その名も「虫ゴム」です。

 

自転車屋で「虫ゴムありますか?」というとすぐにわかる自転車業界の合言葉です!

 

実はこの虫ゴムが、自転車の空気が抜ける原因で最も多い修理であります。

 

ゴムのチューブの部分を点検した時に、ひび割れていたり欠けていたりする時は、ほぼ間違いありません。

 

 

原因は虫ゴムです!

 

 

 

そうとわかったら、このムシゴムの交換はいたって簡単。

 

適度な大きさにゴムを切った後、古いものと付け替えるだけです。

 

そして、自転車のタイヤに規定圧の空気を入れて完了。

 

 

 

っということで、もし自転車のタイヤが2~3日で空気が抜けているかも?って思ったら、「虫ゴム交換」は簡単に見れるところなので是非お試しくださいね。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク