こんにちわ!

埼玉県と群馬県の県境の本庄市にあるバイクショップホリです!

当店に在庫しているヤマハブロンコの中古車、整備完了しました。

整備内容は、キャブレターのオーバーホール、タイヤ新品交換、インシュレターなど基本的な部分はすべて交換。
ほか、当時の雰囲気を保ちつつ、カスタムモディファイを施してあります。

 

そもそも、ヤマハの「BRONCO」とは??

 

ヤマハのスクランブラーとしてデビューした「BRONCO(ブロンコ)」は、1997年に発表。

 

 

「ブロンコ」とは英語で、北米に棲む野生馬の意味を表しています。

デザインは、’68年発売のヤマハトレール「DT1」のイメージをデザインに取り入れ、オフロードバイクのタフネス感とオンロードバイクの質感を合わせ持つスクランブラースタイルを実現しています。

エンジンは、扱い易い223cc4サイクル空冷エンジン。ビンテージバイクを連想させる鉄パーツを多用した車体は、60年代後半から70年代の懐かしいスタイルと優れた走行性を実現。

当時のメーカー小売価格は、399,000円でした。

参考:ヤマハ発動機

そんな、スクランブラーですが、生産年は、この一年のみとなっており販売台数も非常に少ない車体です。

 

ブロンコ 中古車の詳細

 

それでは、中古車の紹介をさせて頂きます。

程度は、年式相応の小傷やさびなどはありますが、相対的に比較的きれいな感じです。

 

 

カラーは、ヤマハの代表カラーのひとつ「イエロー」。ティアドロップ型のタンクが特徴のひとつです。

質感の高いメッキパーツを細部に施し、スチール製のダウンフェンダー、丸味のあるリアフェンダー、丸味のあるゼッケンプレート用サイドカバーなどがビンテージバイクの雰囲気を演出しています。

 

スクランブラーの名前を象徴とするアップマフラーも健在。

 

 

当時の面影をノーマルマフラーのままキープ。

 

 

 

保存状態も良く、30年以上前のものとは思えない、いい色をキープ。

ハンドルグリップは「たる型」グリップに変更。クラシカルな雰囲気を強めているポイントです。

 

フロント、リヤタイヤ共に、メーカー指定のブックタイヤを装着。

もちろん新品です。

 

 

 

 

 

メーター走行距離は、22020KM。

エンジン良好で、空冷ならではのトルクも健在です。

 

 

 

そんな懐かしいデザインと、小刻みの良いエンジンフィーリングは、
250ccながらユーザーの気持ちを満たしてくれる存在になってくれるのではないでしょうか。

 

エンジン始動動画はコチラ

 

ヤマハ ブロンコ 1997
【カラー】イエロー
【その他】ノーマル 整備済み
【諸費用】自賠責 登録 別

SOLD OUT

 

 

詳しい資料や画像のご請求は、ラインチャットをご利用くださいませ。

友だち追加