R1100RSのフォークオイルシール

先日、BMW R1100RS の 
フロントフォークのオーバーホールを受け賜わりました。
DSC_0044.jpg
実は…
BMWのフロントサスの構造は、
ほかのオートバイとは少し違います。
R1100RSのフロントサスペンションとは…
テレレバーフロントサスペンションで構成。
ダンピングとサスペンションの機能が分かれています。
なので、通常の様にフォーク内にはスプリングが入っていません。
しかし、それぞれの機能が独立したことにより、バネ下重量が軽くなり、サスペンション反応は良くなります。
したがって、荒れた路面にしっかりと追従し、しっかりとしたグリップ力を発揮。
そこから、BMW特有の、快適な乗り心地が生まれるのではないでしょうか。
今回、フロントフォークのダストシールオイルシール交換に伴い、
フォークオイル交換、もさせて頂きました。
IMG_4901.jpg
フォークオイルを抜いた時に、水の様なものが混入していました。
ひび割れた、ダストシールから流れ込んだようです。
フロントフォークを分解→清掃したあと、
専用グリスを塗布して組み付け。
DSC_0039.jpg
そして、フォークオイルを規定量(今回は、片側0.47L)を注ぎこみます。
フォークオイルも走行距離、期間がふえてくると、汚れてきますので定期的な交換が必要です。
最後に、ホイールベアリング、ブレーキパットパッドなどを点検しながら、組み付けいたします。
IMG_4902.jpg
時間をかけて、すみずみまでフォークの整備させていただきました。
パリッとしたサスペンション。
これからも、楽しいバイクライフを送ってください<m(__)m>
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × one =