GPZ1000RXオーバーホール

先日、フロントフォークオーバーホールの、ご依頼をうけました。
さっそく、ご紹介させていただきますっ!!
オートバイは、KAWASAKI GPZ1000RX。
とてもパワフルなモデルです。
フォークオーバーホール
ご依頼内容は、フロントフォークオーバーホール。
オイルシールの交換。
そして、AVDSシステム(アンチダイブ)の修理です。
AVDS(アンチダイブシステム)とは…

ハードブレーキング時に、AVDSの効果が発揮。フォークの動き固くなります。これにより、ブレーキをかけた時に車体が安定するのです。
そして、通常走行時は、路面の衝撃をフォークが吸収してくれます。

そこで、問題がひとつ。
AVDSのパーツはOEM生産(純正)がおわっているのです!!
他のパーツは、GPZ900RNinjaと共通パーツもあるのですが…
入手がとても困難。
しかし今回、オーナー様にご協力をいただき、パーツの入手に成功!
(海外で発見したようですexclamation
これで、修理をできます!!
まず、フロントフォークを分解清掃。
そして入念に点検します。
フォークオーバーホール
AVDSは、小さな穴でフォークの動きを制御しています。
その小さい穴の詰まりも、掃除していきます。
フォークオーバーホール
そして、フォークスプリングの計測。
基準値より短くなっていました!
フォークオーバーホール
おそらく、フォークが固着して、縮んでしまったのではないでしょうか?
フォークスプリングを新品に交換致しました。
ホワイトパワー製(WP)です。
そして、フォーク修理が完了
AVDSも作動しました!
軽くブレーキをにぎって、フォークをボトムさせると柔らかく。
そして、ギュッと強めにブレーキを握りボトムさせると、動きがが固くなります。
GPZ1000RXの装備機能をあますことなく使う。
これにより、当時のオートバイをいっそう楽しめるのではないでしょうか??
ps

フロントフォークには、オイルが入っています。

意外と知られていませんよね??
フォークオイルも交換が必要なのです!
そこで…
「フォークオイルは漏れてから交換でいいんじゃない??」
と考えるかたもいらっしゃると思います。
しかし。
その前に、フォークオイルを交換する理由があるのです。
その理由とは…
フォークのオイルは、たくさん走るとドロドロに汚れてしまいます。
なぜなら、サスペンションは伸びたり縮んだりを繰り返します。
金属同士の摩擦するからです。
また、時がたつと、液体が分離することも…
その結果。
内部のちいさな穴に汚れが詰まってしまいます。
そして、100%のサスペンション機能を発揮できません。
以下、~HONDAモーターサイクルHP~より引用
サスペンションメンテナンスについて
サスペンションもENGと同じく距離管理、及びメンテナンスを行う事で、サスペンションの性能を維持する事が出来ます。もしメンテナンスを行わない状態で2000Km走行した場合、最終的に減衰力は10%低下、フリクションは50%も増加してしまいます。
実は、こういった理由があるのです。
性能を100%維持するためには、定期的に交換をしたほうがよいと言えるでしょう。
交換時期は、4年もしくは、1万kmごとを推奨。
フォークの動きが激しいジャンル(オフロード車など)は、それより短めになります!
参考 HONDAモーターサイクル 
http://www.honda.co.jp/HRC/technical/setting/suspension_m01/
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve + ten =