モトパラダイス関東2014ー2

———————-前回の続き——————–
いよいよ、モトパラのメインイベント、ライブパーティーがはじまった・・・。
MCの多聞恵美さんが、元気のいい声で口火をきった。
多聞さん 「こんばんわー!!」
会場 「――こんばんわーっ!!」
IMG_4877.jpg
ワーワー!ワー・・・!!
会場に、地響きをおこすような太い声が響く…
その怒号は、まるでホテル全体を揺らすようだ。
わたしはその一瞬で、会場が男の熱気で何℃か上昇したように感じた。
それも、そのはず・・・
このモトパラは、男性ライダーが9割以上を占めている。
間髪いれず、MC多聞恵美さんのオープニングトークがはじまる・・・・
オートバイの話を中心に、
テンポよくイベントが進行していく。
じつは、彼女自身もオートバイに乗る、れっきとしたライダーなのである。
雑誌などでコラムも書いているのだ。今回プロフィールは、あえて割愛させていただく。
そんな、多聞さんのライダーによるライダーの為のお話で、
会場のテンションもさらにヒートアップしている
そして、ホンダヤマハスズキカワサキ、各メーカーからのご挨拶。
 IMG_4882.jpg
挨拶のあと、いよいよライブステージのはじまりだ。
あれ・・??
気がつくと・・
いつのまにか、メインステージに二人の紳士がいた。
耳を傾けると、JAZZのリズムがほのかに聞こえている・・・
おや!?
ギターとウッドベースの音合わせをしているようだ。
その紳士は、ロマンスグレーに髭を蓄えた紳士がウッドベース・・・
そしてもう一人は、レイバンのサングラスを透かしたような眼鏡に口ひげをたくわえ、ギターを持っている。
二人とも、楽器が体の一部のような「いで立ち」だ。
かなりのベテランなのであろう。
ほどなくして、その楽器の音はピタリと止まった。
ステージに、自然とみんなの視線が集まる。
…シーーン……
そこに・・・ゆっくりと女性が登場してきた。
その女性は、マイクスタンドの前で軽く会釈をし・・・・
ゆっくりとした口調で話し始めた。
「みなさま・・・・こんばんわ・・
・・・はじめまして、丸山みゆきともうします・・」
IMG_4871.jpg
丸山みゆきさんは、長野県生まれのミュージシャン。いまでは地元で活躍されているようだ。
ちなみにバイクは乗っていないらしい・・・
簡単な、自己紹介を話し、やがてJAZZ演奏が始まった。
すると、先程までの騒がしさは一変
会場一面に、ゆったりとしたハスキーな歌声と・・・
ブルースノートのリズムが響き渡った。
それはまるで、会場の熱気がシルクの羽衣に包まれたかのようだった。
そして!!
このイベントのもう一つの楽しみ・・
それは、食べ放題、飲み放題である。
和洋中の料理、飲み物が、会場を囲むように
所狭しと配置されている。
かなりの量だ。
しかし・・・
そこはすでに、お腹をすかしたバイカーたちが「せきを切ったように」ひしめき・・
・・殺到していた。
モトパラ会場 - コピー.jpg
がやの外からは、料理の姿はまったく見えない。
「す・・すごい・・・ですね。」
「あ、ああ。」
「・・バイキングには、2時間30分という時間制限がある。・・・急いで、取りに行かないと・・」
「・・そうっすね・・」
「おれ・・こっち側の料理取り行ってきます!!」
「そいじゃ、自分はこっちに・・!」
 タタタタターーーー
私たちも、音楽そっちのけ??で料理を取りに回る。
そして、混雑の中、やっと一通りのお料理をお皿にのせる事ができた。
これで、ゆっくりライブ観賞ができる。
「・・・ふぅ。これだけあれば、大丈夫ですね・・。」
「いやいや・・お疲れさまでしたぁ・・。」
「・・・」
「お待たせしましたーー!!。こっちも美味しそうなのあったので、もってきました!!」
「・・・・・・・」
「おまたせー。自分も・・・・」
「・・・・うぅ。・・」
IMG_4874.jpg
しかしさすが、ロイヤルホテルの料理。
どれをとっても、全部美味しい
焼きそば、和食の創作料理、魚のムニエル、海老チリや、牛豚のしゃぶしゃぶ。
さらには、ラーメンもある。
まさに、至れり尽くせりの内容に一同満足だ。
そして会場内はというと、どのテーブルも尚バイク談義で盛り上がっているようだ・・・
「・・・のエンジンオイルしってる??あれ最近評判イイらしいよー!」
「今日・・・乗ってた人いたよね。・・・って、乗った感じはどうなのかな??」
どのグループも、実に楽しそう。
おっと!!
時計を見ると、ライブがはじまってから、一時間は過ぎていた。
気がつけば、はやくもライブは終盤。
歌手「丸山みゆき」がこう言った・・・
「・・・・次の曲は、本日の最後になります。・・・・最後のナンバーは・・・」
そしてはじまった最後の曲も、
JAZZYなナンバーでしっくりと会場を包み込んだ・・・
流れるように、時は過ぎ・・・
 あっという間に、ラストナンバーは終わった・・・・
「・・・どうも、最後までお聞きいただいて、・・ありがとうございました・・・」
客席に向かって、深々と頭を下げた。
すると、会場から・・・!!!
「アンコール!」
「アンコール!!」
「アンコールッ!!!!」
はたして、このあとアンコールは始まるのか!??
一体どうなる!?
次回へ続く・・・
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen − two =