今回は、MaxFritzマックスフリッツの・・・・・
マックスフリッツ (2).jpg
「ダブルチェンジパッドジップアップブーツ」
ご紹介いたします。

マックスフリッツ (4).jpg
ご覧のように、左右にチェンジパットを持つこのブーツ・・・・
しかしっ・・・・・
通常、オートバイはチェンジのある左しか使わないはず…
なぜでしょうか・・・!??
なぜならば・・・・・・
同ブーツは、古いバイクに採用されている右シフトにも対応しているからです。
それが結果的に、左右対象のデザインになりバイク用ブーツでも普段履きでも十分に対応するジェントルな雰囲気を出しています。
そんな、幅広いオートバイファンの心をつかむバイクブーツなのです。
他にもある・・・このブーツの特徴3つ
その1 最強なソール
ソールには、ビブラム社を代表とする#100ソールを採用。
同社は、登山靴にも用いられる頑丈なソールを世に送り出しています。
あなたも、一度は目にした事があるのでは!?
耐摩耗性も非常に高く、オートバイの激しい環境下で威力を発揮します。
修理が可能なのもうれしい所です。
 
その2 確かなホールド力なのに脱ぎやすい
ツーリング先の、お昼休憩でブーツを脱ぐのが大変…
あなたも、そんな経験はあるはずです。
同ブーツには、ブーツ着脱をかんたんにするファスナー付属。
さらに、ファスナーを外側につけるる事で愛車への傷をまもります。
バイク用ならではの気遣いですね。
その3 高級かつ頑丈な本革オイルレザーを使用
表面には、頑丈な牛革オイルでザーを使用。
頑丈ながらも、しっとりとなめらかなオイルレザーは履きこむほどに、あなたの足になじんでいきます。
内側にもサラサラとした本革で、履き心地も抜群です。
マックスフリッツ (1).jpg
バイカーにとって、道具(バイクギヤ)とは、とても重要なものです。
オートバイと同様、自分と同じように年をとり…
渋みが増していくもの。
ある、包丁職人の話で・・・
「道具とは直せなければ、道具ではない」
という言葉がありました。
使い捨ての、この時代には忘れ去られた事かもしれません。
同品は、そんな、5年、10年、20年…と、
永く履ける逸品なのではないでしょうか。
マックスフリッツ (3).jpg