ブレーキキャリパオーバーホール 。

image/2012-02-26T11:31:46-1.jpg油圧ブレーキのひきずりは、ピストンシールの硬化が進みゴムの慣性力が減少した状態で、ブレーキの油圧が0になったときにコンマ数ミリが戻らなくなることが原因で起こります!
このブレーキパットとディスクのクリアランスはブレンボなどの有名ブランドは特に狭くなりシビアなメンテナンスが必須です!
それなでブレーキのひきずり等がある場合、シールの交換が必要になりますが、ピストンのサビがひどい場合は液漏れや動作不良に繋がるので同時に交換がオススメです!

スポンサーリンク

コメントを残す