バイク用のガソリン携行缶

オートバイ乗りの永遠のテーマ・・・
燃費
バイクの燃料タンクは、重さ、デザインなどの都合で、
タンク容量に制約があります。

だいたいバイクの平均の容量は、15Lくらいでしょうか!?
自動車と比べて、小さいですよね?
そして・・・
ガソリン残量計のないオートバイは、
燃費を計測して、タンク内のガソリンを
確認するのが一般的です。
知っている方もいる?かと思いますが、
燃費計算のおさらいです。
【燃費の計算方法。】
例えばタンク容量20Lとすると・・・
ガソリンを満タンにしてから走る⇒
最後に給油して、同じ満タンにする。
その時、16Lはいったとして、走った距離が320km。
320km÷16L=20km/L
という風に計算して、バイクの燃費は約20Lという事になります。
これを、高速走行時、町乗り時などでそれぞれデータを取っておきます。
自分のバイクの燃費を知っておくと、
ランニングコストもわかりたへん経済的ですよね。
しかし・・・・!!
いくら燃費を知っていても・・・
見知らぬ土地で、ガソリンスタンドが、近くになかなか無い時は
冷や汗がでますよね?
峠道や高速道路上でどのパーキングにも
ガソリンスタンドが無い時はなおさらです…
そこで、ご紹介するのが…
安心材料でもある、
「ガソリン携行缶」!!
ガソリン携行缶
ガソリン携行缶 (2).jpg
【OP ガソリン携行缶】
・500cc 1,780円(税別)
・1000cc 2,480円(税別)
便利なノズル付き。
○商品特徴●
•・ガソリンスタンドで給油可能な消防法適合品
•・携帯に便利なボトルタイプ
•・安全性、信頼性、収納性抜群
•・使いやすさを考慮したユーザーにやさしいデザイン
•・サビに強いステンレスキャップ採用
•・接続箇所を中心にする事により、更なる強度UP!
ロングツーリングや燃費の気になる車両には必需品ですね!
「備えあれば憂いなし」です。
ガソリン携行缶 (1).jpg
※写真は1000ccタイプ。
是非、あなたのバイクのサイドバックに装備してみてください!!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen + 12 =