バイクの定期点検の重要性。

バイクにも自動車と同じように定期点検というのがあります。
車検があるバイクは、同時に12ヶ月点検をするので忘れても、2年毎には各部の点検をすることになります。
しかし、軽二輪や原付にはそれが無い為に忘れがちになってしまいます。
それなので、もしかしたら定期点検を知らないという方もいるのではないでしょうか。
点検の内容には、ブレーキの清掃やブレーキオイルの交換、エンジンや駆動系の点検が含まれるので長距離走る方や使用頻度が高い方などには必須だとおもいます。
他に点検には、毎回乗る前にチェックするところで灯火類、タイヤの溝やパンク、外装の変化など簡易点検もありますので心がけてみるのもいいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です