エストレヤESTRELLAをスクランブラーにしてみました。

 

今回、カワサキ エストレヤESTRELLAをスクランブラーにしてみました。

 

 

最近、メーカーの新型発表なのでよく耳にする

 

「スクランブラー」

 

 

たくさんあるバイクのジャンルの中で、そもそもスクランブラーとはいったい何なのでしょうか??

 

 

そもそも、スクランブラーってなに??

 

オートバイのジャンルで、「スクランブラー」というジャンルをご存知でしょうか??

現在、市販されているスクランブラーでは、トライアンフScrambler(スクランブラー)があります。

そして先日、ドカティからも新型スクランブラーを発売する事を正式に発表しました。

 

 

そもそもスクランブラーとは・・・・

 

1960年代に砂漠レース用バイクとして開発された車両のようです。
マフラーは、アップタイプ。

ホイールには前輪に18・19インチ、後輪に17インチなど、大径のワイドリム。
それに、オフロードタイヤを組み込んだスタイル。

車両のベースとしては、フラッグシップモデルをカスタムしているものがおおい。

当時は、トライアンフ、ドカティのほか、各国でこの様なスタイルのオートバイを発表していました。

そして、そのころ日本では、HONDAドリームCL450 SUZUKIハスラー250 YAMAHA トレール250 など今でも名を残す名車がこれです。

・・・・・っと言うように、どのメーカーもかつては時のバイクとして発売をし、一躍脚光をあびたオートバイのジャンルなのです。

そして、今ではBMW R-NINETをはじめ、ドカティの新型車の発表などなど・・・

改めて注目されているジャンルなのです。

 

そんな、オールドタイムなスクランブラー・・・・

 

現行の250の国産でスクランブラーにできないものかと考えて、友人と相談した結果、

エストレアをスクランブラーにすることにしました。

 

しかし、完成するまでには、なかなかの課題があったのでご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

エストレヤをスクランブラーにするには??

 

 

スクランブラーにするためまずしなければいけない事・・・

それは、何と言ってもフロントホイールを19インチ化!!をしなければいけません。

 

 

エストレヤのホイールの大きさはもともと純正のサイズは、18インチ。

 

なので、ホイル径が1インチ(2.54cm)おおきくなります。

 

フロントホイールの19インチ化する

 

 

今回、オーナーとタイヤ交換のご相談をしていたところ、林道などフラットダートも走りたいとご要望を受け、エストレヤをスクランブラー化する事となりました。

他の決め手にも、エストレヤはスクランブラーのベースにはピッタリな形状をしているという事も、一つありました。

 

 

19インチホイールリムの組付け

 

まず最初に、フロントホイールを19インチに変更するには、リムを交します。
フロントホイールのリムを外して一旦バラバラにします。

そして、ハブだけの状態にしてスポークを19インチ用に組み替えます。

最後、そのハブに19インチのリムを組んで、スポークを調整して振れを取ります。

 

 

 

タイヤは、林道などのフラットダートなども、時々走りたいとのご要望で、
ON・OFF両用のタイヤをセレクトさせて頂きました。

 

 

タイヤを組んだ後、バランスを取ってフロントを組み付けます。
そして、リヤタイヤもフロントと同じパターンのタイヤに変更。

急遽ベアリング交換

 

リヤタイヤを外した時、ベアリングが破損していたので、ホイールベアリングも合わせて交換しました。
やはり、ベースの車両は初期型のキャブレター仕様のエストレア。

ベアリングなどの消耗品は、さすがに油分が抜けてパサパサになっていました。

なので、新品のベアリングに交換です。

ベリングは、NSKのシールベアリングに交換。

 

 

最後に、ここがポイントなのですが、タイヤを18インチから19インチに1インチアップすることで、フェンダーが入らなくなってします!

なので、今回はフロントフェンダーを加工して「3センチ」上につくように溶接加工しました。

 

 

リヤタイヤの交換

そして、リヤタイヤを組み付け。

リヤタイヤは、ホイールのインチは一緒なので、タイヤ交換だけでOK
これだけでも、太くて迫力がありますね。

画像で見る以上に、迫力が増して、走破性の高いバイクになりました。

 

 

さらに、ルックスも全体のバランスが整ったような雰囲気。

スクランブラーエストレア、カッコイイです!!

ではでは。

 

スポンサーリンク

コメントを残す