アドレスV125FIランプの点灯

先日、アドレスV125の、エンジンが始動不能になってしまったというご相談がありましたダッシュ(走り出すさま)
確認したところ、セルが、「キュルキュル」回るだけでかかる気配もない。
そして、同時にFIランプ点灯するのですあせあせ(飛び散る汗)
アドレスv125 FIランプ
以前にも「フォルツァにFIランプ点灯」がありました。
FIランプ点灯、点滅の修理!! フォルツァ編
今回はまったくエンジンが、かかる気配がありません。
ランプの点灯?かからない??原因はなんだ?
ですが、心配無用exclamation&question
実は、車体の診断機能を使うことで、原因が絞れます。

そもそも、FIランプとは…
FIランプはインジェクション(電子制御燃料噴射装置)のバイクに付いているもので、自動車でいう「エンジンマーク」にあたります。
そのインジェクションを制御している、センサーやアクチュエーターに不具合が起きた時に点滅する仕組みになっています。
簡単に言うと、エンジンの不具合を教えてくれるランプです。
ですので、点灯したら早めに対処したほうがいいですねどんっ(衝撃)

そして、今回は「イグニッションキー」の中が摩耗して接点が壊れていたのが原因でした。
念のために、フロントカバーを外し点検してみると、なんと配線が突っ張って切れかかっていましたexclamation×2(縮んだのか?ずれたのか?)
ですので、ボディーカバーを外し、合わせて全体の配線の点検と補修をさせて頂きましたー(長音記号1)
アドレスv125 FIランプ
ps
実際、電装系は突然壊れる事もあります。
ですが、メーカーや車種ごとの特徴を把握することが、未然に故障を防いだり又は、完結に原因をみつける事につながるのではないでしょうか?
BikeShopHori
http://bsh141.com

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eleven − 1 =